高瀬淳一 公式HP

Home> 著書一覧>高瀬淳一著『できる大人はこう考える』目次 

『できる大人はこう考える』(ちくま新書 2008年)

はじめに

第1章 「定義」の使い手になる!

1 気分的な言葉は共通認識の敵

2 定義は仕事の原点

3 抽象的な言葉に満足しない 

4 含意を警戒する

5 定義のパワーを警戒する

第2章 「程度」の使い手になる!

1 極端な修飾語はあまり使わない

2 断定思考は傲慢さを感じさせる

3 あいまいさの限度をわきまえる 

4 「ほど」を意識する

第3章 「視点」の使い手になる!

1 「点」や「面」を使って話す

2 状況の多様性に配慮する 

3 主義者の心理を理解する

4 人的要因にふりまわされない

5 大きな要因にも目を向ける 

第4章 「分類」の使い手になる!

1 シンプルすぎる分類は愚かさを表す

2 カテゴライズに気をつかう

3 ボックス思考よりもスケール思考

4 区切りがつけば一人前

5 二軸で分けると賢く見える

第5章 「総括」の使い手になる!

1 時を見る

2 カンを養う  

あとがき