高瀬淳一 公式HP

Home> 著書一覧>高瀬淳一著『「不利益分配」社会』目次 

『「不利益分配」社会―個人と政治の新しい関係』
(ちくま新書 2006年)

はじめに

序章 小泉クーデタの真相

1 ありきたりの政治論の限界 

2 小泉コンプレックス 

第1章 「不利益分配政治」への移行

1  二種類の「不利益分配」

2  財政への「甘い期待」の終わり

3  利益分配メカニズムの破壊 

第2章 ゆらぐ日本の政治文化

1 利益分配政治のゆらぎ 

2 利益分配意識のゆらぎ

第3章 不利益分配社会の国家像

1 誤解された国家像としての「小さな政府」

2 誤解された社会像としての「市場主義」

第4章 政治力の復権

1 政治力にたいする嫌悪

2 政治力にたいする誤解

3 問いなおされる政治力

4 イベントの政治力

第5章 「見せる政治」と「魅せる政治」

1 不利益分配時代の議会政治

2 支持動員政治の時代

3 不利益分配時代のテレビ政治

4 政治ドラマの演出競争

第6章 デファクト首相公選時代

1 政治のパーソナル化

2 チェック体制による助長

3 首相公選のデファクト化

4 自立派層となる有権者

終 章 首相の選び方

1 不利益分配時代の首相の資質

2 観衆の批評力

あとがき