高瀬淳一 公式HP

Home> 著書一覧>高瀬淳一著『サミットがわかれば世界が読める』目次

『サミットがわかれば世界が読める』
(名古屋外国語大学出版会 2015年)

はじめに G7サミットとは何か

第1章 サミット参加国

サミットは山の頂上

G7の拡大版がG20

発足時はG6

G8時代の始まり

G8時代の終わり

アウトリーチ会合

第2章 サミットの理論

覇権国アメリカの限界

国連での世界協調の限界

一でも二でも二百でもない利点

内政と外交のリンク

国際公約による内政の打開

第3章 サミットの仕組み

サミットの開催時期

サミットの開催地

サミットの日程

写真の立ち位置が問題

サミットの準備とシェルパの役割

閣僚会合と専門家会合

第4章 サミットの議題

基本は経済と政治

グローバル・ガバナンスの担い手としての自覚

議題は拡大する

公式文書の種類

公約の遵守

報告書の提出

サミットの成功とは