名古屋外国語大学・大学院教授 グローバル共生社会研究所長
高 瀬 淳 一    情報政治学・サミット研究

情報政治論・言葉政治論

  • · 情報政治学とは,情報提供に込められた政治的意図を見抜くための学問です。政府のメディア対策,政治広告などを扱います。
  • · 言葉政治論とは,政治家の言語メッセージの有効性について評価する学問です。政治演説,政党スローガン,失言などを扱います。

  • もっと学ぶ >>

  • 高瀬淳一著『武器としての〈言葉政治〉』 高瀬淳一著『情報政治学講義』 参考書
  • 『情報政治学講義』,『武器としての〈言葉政治〉』

日本政治論

  • · 日本の政治では,60年に及ぶ「政治の経済化時代」の終焉と,また20年に及ぶ「小沢政局の時代」の終焉に着目しています。
  • · 利益分配政治から「不利益分配政治」への移行を念頭に,政治制度を再検討します。

  • もっと学ぶ >>

  • 高瀬淳一著『「不利益分配」社会―個人と政治の新しい関係』 参考書
  • 『「不利益分配」社会:個人と政治の新しい関係』


G7/G20サミット論

  • · G7/G20の枠組みは現代の国際政治においてきわめて重要です。

  • 祝!2019年のG20サミットは大阪で開催されます。


  • もっと学ぶ >>

  • 高瀬淳一著『サミットがわかれば世界が読める』 参考書
  • 『サミットがわかれば世界が読める』

主権者教育

  • · 政治は,意見が異なる他者の説得を通じて合意を形成すること。スピーチやディベートのトレーニングこそ,最初に行うべき政治教育です。投票のまねごとなどは後でよいと思います。
  • · 権力の行使は日常生活でだれでも行っています。なので,権力の適切な使い方について,しっかり教えるべきです。

  • もっと学ぶ >>

  • 高瀬淳一著『できる大人はこう考える』 参考書
  • 『できる大人はこう考える』